展示・イベント原画 島耕作 ~四季~

原画 島耕作 ~四季~

弘兼憲史原画寄贈記念展


2020年3月14日(土) 〜 6月14日(日) 7月31日(金)
※会期延長決定!

※前後期で原画作品の入替えを予定しております。
(前期:3月14日 ~ 5月6日、後期:5月10日 ~ 6月14日 6月30日。7月2日より、前期展示作品が再登場!) 

京都国際マンガミュージアムでは、マンガ家弘兼憲史氏から原画を寄贈いただいたことを機に、「原画 島耕作 ~四季~ 弘兼憲史原画寄贈記念展」を開催いたします。本企画展では、寄贈いただいた原画作品に加え、島耕作シリーズ内で京都を舞台にしたエピソードの複製原画も展示いたします。

  • 休館日
    毎週水曜日(ただし、4月29日、5月6日 、7月22日、7月29日は開館)、4月14日(火) 、6月16日(火)、6月18日(木)
  • 料金
  • 会場
    2階 ギャラリー4
  • 主催
    京都国際マンガミュージアム
  • 協力
    株式会社講談社、株式会社小学館、株式会社河出書房新社(順不同)
内容

寄贈いただいた原画作品など約40点を展示します。

 弘兼憲史氏よりご寄贈いただいた原画29点
   (島耕作シリーズ26点、加治隆介の議1点、黄昏流星群2点)

 特集コーナー「京都と島耕作」複製原画12点

 京都国際マンガミュージアムで作成した弘兼憲史氏の石膏手型の展示と、手型を取った際の映像展示

 「島耕作シリーズ」「加治隆介の議」「黄昏流星群」を中心に著書配架

©弘兼憲史/講談社
©弘兼憲史/講談社
©弘兼憲史/講談社
©弘兼憲史/講談社
©弘兼憲史/講談社

作家プロフィール

著者近影:白鳥真太郎

弘兼憲史(ひろかね・けんし)
1947年山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。
松下電器産業(現パナソニック)本社販売助成部に勤務し、退職後1974年にマンガ家デビューし、人生を考えさせられる社会派作家として活躍中。
代表作に「島耕作シリーズ」、「黄昏流星群」、「ハロー張りネズミ」、「ラストニュース」、「人間交差点」、「夢工場」などがある。
1985年に「人間交差点」で第30回小学館漫画賞、1991年に「課長島耕作」で第15回講談社漫画賞など数多くの賞を受賞し、2007年には紫綬褒章を受章。
現在、講談社モーニングにて「相談役 島耕作」、小学館ビッグコミックオリジナルで「黄昏流星群」、週刊大衆で「ニューシニアパラダイス」などを連載中。


※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。

TO TOP