展示・イベントギガタウン・イン・テラタウン――こうの史代の「漫符図譜」

「この世界の片隅に」から10年

ギガタウン・イン・テラタウン――こうの史代の「漫符図譜」


2018年11月22日(木) 〜 2019年4月2日(火) 

京都国際マンガミュージアムではこのたび、「この世界の片隅に」などで知られるこうの史代の「ギガタウン 漫符図譜」(朝日新聞出版)を紹介する展覧会を開催します。
マンガ独特の表現記号である「漫符まんぷ」を、〈テラタウン=京都〉が誇る国宝「鳥獣人物戯画」(高山寺蔵)のキャラクターを現代風にアレンジし、解説した本作。展覧会では、その貴重な原画を一堂にご覧いただくとともに、「漫符」の、ひいてはマンガ表現そのものの豊かな世界を深掘りして解説します。

  • 休館日
    毎週水曜日・12月26日~1月4日、2月4日~8日
  • 料金
  • 会場
    2階 ギャラリー1・2・3
  • 主催
    京都国際マンガミュージアム
    京都精華大学国際マンガ研究センター
  • 協力
    朝日新聞出版
内容

本展は、「ギガタウン 漫符図譜」の原画を御鑑賞いただくパートと、同作で紹介されている10の「漫符」について深掘りし、解説するパートの2部構成となっています。

  • 1.「漫符」の世界を知る
    マンガ独特の表現記号である「漫符」。マンガが日常にあふれる日本で人々は、漫符を、だれに教わるでもなく理解し、読み解き、場合によっては、自分の気持ちを伝えるコミュニケーション言語として使いこなしています。本パートでは、「ギガタウン 漫符図譜」で紹介されている、よく知られた10の漫符を取り上げ、それらの歴史や古今東西の使用例を紹介するなどして、詳しく解説します。
  • 2.「ギガタウン 漫符図譜」の原画を味わう
    本パートでは、ひとつの漫符を1ページの4コママンガで解説する「ギガタウン 漫符図譜」の原画を一堂に御覧いただけます。
    こうの史代は、一作ごとに作品テーマに合わせた表現的な仕掛けや画法を試みている、挑戦的なマンガ家であり、本展覧会の原画からその生の筆致を感じていただくことは、そうした工夫を新たに発見できる絶好の機会です。
  • 3. 描き下ろしイラスト
    今回の展覧会のために、こうの先生がイラストを描き下ろします。ここでしか観られない貴重な限定作品です。

オリジナルグッズ販売
展覧会に合わせ、京都国際マンガミュージアムでしか買えないオリジナルグッズの販売も予定しています。
※価格はすべて税込み表記

ニンジャインクTシャツ

¥3,200

Tシャツ

¥2,800

マスキングテープ 各¥450



トイレットペーパー ¥500


手ぬぐい ¥864

クリアファイルセット ¥756(2種/1セット)

ポストカードセット ¥540(4種/1セット)


こうの史代(こうの・ふみよ)
1968年、広島市生まれ。1995年、「街角花だより」でマンガ家デビュー。
2005年、原爆をテーマにした作品「夕凪の街 桜の国」で第9回手塚治虫文化賞新生賞、第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。同作は、映画化・テレビドラマ化もされた。10年、太平洋戦争中の広島県呉市の日常を丁寧に描いた「この世界の片隅に」で第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、片渕須直監督による劇場版アニメーションも大きな話題に。15年にマンガミュージアムで開催された「マンガと戦争展」にも原画が出展された。
日常生活をテーマにしたユーモアが際立つ「長い道」や「こっこさん」、 表現的実験が刺激的な「平凡倶楽部」や「ぼおるぺん古事記」(平成25年度古事記出版大賞稗田阿礼賞受賞)など、著作多数。

「ギガタウン 漫符図譜」より ©こうの史代/朝日新聞出版


※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。

関連展示・イベント
TO TOP