展示・イベント荒俣館長が語る!山岸凉子の世界

『山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-』関連講演会

荒俣館長が語る!山岸凉子の世界

2017年5月28日(日) 14:00 〜 15:00
  • 会場
    1階 多目的映像ホール
  • 定員
    200名(先着順)
  • 料金
    無料
    ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
    出演者
    荒俣宏(京都国際マンガミュージアム館長)
  • 参加方法
    事前申込不要
    ※当日午前10時からミュージアム館内にて整理券を配布。
内容

2017年4月から京都国際マンガミュージアムの新館長に就任した荒俣宏による講演会。マンガ家を目指したこともある荒俣館長が山岸凉子作品の魅力についてとことん語ります!

 

 

 
荒俣宏(あらまた・ひろし)
作家。1947年東京生まれ。慶応大学卒業後、10年間のサラリーマン生活ののち独立。百科事典の編集助手をしながら書いた小説『帝都物語』がベストセラーになり日本SF大賞受賞。『世界大博物図鑑』で、サントリー学芸賞受賞。神秘学、博物学、風水等多分野にわたり精力的に執筆活動を続け、その著書,訳書は350冊あまり。
稀覯書のコレクターとしても有名である。
子どもの頃は貸本マンガに夢中になり、マンガ家を目指し漫画賞に応募したこともある。近著に『日本まんが1巻~3巻』(東海大学出版)など。


※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。

関連展示・イベント
TO TOP