展示・イベントページの上の「シーツ・オブ・サウンド」 ――石塚真一×さそうあきらトークセッション

「ビッグコミック50周年展‐半世紀のビッグな足跡‐」関連イベント

ページの上の「シーツ・オブ・サウンド」 ――石塚真一×さそうあきらトークセッション


2018年6月9日(土) 14:00 〜 15:00
  • 会場
    1F 多目的映像ホール
  • 定員
    200名 ※先着順
  • 料金
  • 出演

    石塚真一(マンガ家、「BLUE GIANT」「BLUE GIANT SUPREME」)
    さそうあきら(マンガ家・京都精華大学教授、「神童」「マエストロ」「ミュジコフィリア」)

  • 参加方法
    事前申込不要
    ※当日午前10時からミュージアム館内にて整理券を配布。
内容

ジャズという音楽の、その熱く激しい演奏ともに織り成される青春をページの上に描いた「BLUE GIANT」と続編「BLUE GIANT SUPREME」。『ビッグコミック』誌上での2013年の連載開始以来、幅広い読者に支持層を広げ、第62回小学館漫画賞や第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞にも輝いてきました。現在進行形の『ビッグコミック』を代表する作品のひとつである本作の作者・石塚真一氏をお迎えして、クラシック音楽をテーマにした名作「神童」「マエストロ」「ミュジコフィリア」などで知られるさそうあきら氏を対談相手としてのトークセッションを開催します。「音」そして「音楽」をいかにマンガとしてページの上に描き出すかをめぐる、ふたりの作家の対話のインタープレイにご期待ください。

「BLUE GIANT SUPREME」
©石塚真一

※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。

関連展示・イベント
TO TOP