展示・イベントケベックBD作家・レアル・ゴドゥブと一緒に作品を作ろう!

企画展「〈ケベック・バンド・デシネ〉を知っていますか? ――25の足跡と7人の作家から」関連ワークショップ

ケベックBD作家・レアル・ゴドゥブと一緒に作品を作ろう!


2018年2月4日(日) 13:30 〜 15:30 
  • 会場
    1F ワークショップコーナー
  • 料金
  • 参加方法
    事前申込不要。当日会場にお越しください。
  • 出演者
    レアル・ゴドゥブ(バンド・デシネ作家)
  • 主催
    京都国際マンガミュージアム
    京都精華大学国際マンガ研究センター
    京都府
    ケベック州政府
  • 協賛
    ケベック市
  • 特別協力
    ケベック・フランコフォン・バンド・デシネ・フェスティバル
内容

現在開催中の「ケベック・バンド・デシネを知っていますか?」展に出展しているレアル・ゴドゥブによるレクチャー&ワークショップです。参加者には彼のスケッチを元に鉛筆で絵を描いてもらいます。最後にはレアルによるペン入れ風景もご覧いただけます。
※アーティストはフランス語でレクチャーしますが、通訳がついています。


作家プロフィール

レアル・ゴドゥブ (Réal Godbout)

レアル・ゴドゥブは、1951年にモントリオールで生まれた。『Michel Risque』および『Red Ketchup』シリーズのバンド・デシネ作家兼共同著者である。大学で取り留めない勉強をし、早い段階でバンド・デシネの世界に転じ、1969年に創作を始めた。1970年代には、ケベック・バンド・デシネ再生に寄与したリーダーの一人となった。70年代は創造性に富んだ時代で、「ケベック・バンド・デシネの春」と呼ばれている。レアル・ゴドゥブは、イラストレーターとしても活躍している。Les Débrouillards誌にシリーズ物のバンド・デシネを掲載。またフランツ・カフカの作品を基にしたグラフィック小説『L’Amérique ou le Disparu』を創作したこともある。1999年から、ケベック大学ウタウエ校でバンド・デシネを教えている。2009年には、Canadian Comics Hall of Fameに叙された。


※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。

関連展示・イベント
TO TOP