「アカデミズムとアートの間、美術解剖学か、解剖学美術か?」Zoomトークイベント開催のご案内

京都精華大学大学院マンガ研究科 Zoomトークイベント・FD研修会
「アカデミズムとアートの間、美術解剖学か、解剖学美術か?」

  •  日時  2021年2月20日(土) 13:00~15:30
  •  会場  Zoomウェビナー
  •  料金  無料(要予約)
  •  定員  100名(申込先着順)
  •  登壇者(敬称略) 
    • 小田隆
      幅広い古生物学者たちとの交流の中で、科学的な資料に支えられるとともに、オリジナリティに富んだ作品群を生みだしつづけている。
      京都精華大学マンガ学部マンガ学科キャラクターデザインコース教授。
      成安造形大学イラストレーション領域客員教授。
      著書に『うつくしい美術解剖図 』(玄光社)
    • 今井拓哉
      古生物学研究者。前期白亜紀の卵化石を研究。
      福井県立大学助教、福井県立恐竜博物館併任。
      タフォノミーと呼ばれる、生物が死んでから化石として発見されるまでのプロセスにも関心を持って研究に取り組んでいる。
    • 荻野慎諧
      古生物学研究者。
      哺乳類化石の研究から、妖怪学にも関心のフィールドを広げて「妖怪古生物学」を提唱している。
      著書に『古生物学者、妖怪を掘る 鵺の正体、鬼の真実』 (NHK出版新書) 、『怪異古生物考 生物ミステリー』(技術評論社)
    • 都留泰作(司会進行)
      マンガ家、京都精華大学マンガ学部教授。文化人類学研究者。
      主なマンガ作品に『ナチュン』(講談社)、『竜女戦記』(平凡社)。
      著書に『<面白さの研究> 世界観エンタメはなぜブームを生むのか』(角川書店)

 申込方法 

感染症対策のため、本イベントはZoomウェビナーで行われます。
参加希望の方は、2月18日までに以下まで、情報とともに申し込みメールを送信してください。

kaibouseika@gmail.com

【氏名】ニックネーム等ではなく、ご本名での申し込みをお願いします。
【所属(任意)】
【学生・院生・一般・中学生以下の別】

入場無料、100名まで(100名に達したら受付を締め切ります)
参加申し込みされた方には、2月18日以降、返信にてZoom招待のURL等の情報をお送りしますので、開始時間になりましたらそちらに接続をお願いします。
当日は、可能であれば、管理の都合上、開始前30-15分前までにアクセスしていただけますと助かります。


※新型コロナウィルス感染拡大による臨時休館等含め、スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。

TO TOP