《紙芝居》11月 実演者スケジュール

。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆紙芝居師・11月口演スケジュール・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

2 (木) だんまる
3 (金) らっきょむ  
4 (土) らっきょむ    
5 (日) らっきょむ (紙芝居師の都合により時間を変更し、1回目13:30、2回目15:00、3回目16:30の開催となります。)
6 (月) いっきゅう
7 (火) いっきゅう  
9 (木) だんまる
10 (金) らっきょむ  
11 (土) いっきゅう         
12 (日) いっきゅう         
13 (月) らっきょむ    
14 (火) いっきゅう    
16 (木) いっきゅう       
17 (金) だんまる       
18 (土) だんまる
19 (日) らっきょむ    
20 (月) いっきゅう       
21 (火) らっきょむ        
23 (木) いっきゅう  
24 (金) らっきょむ    
25 (土) らっきょむ  
26 (日) だんまる
27 (月) らっきょむ
28 (火) だんまる
30 (木) だんまる

 

学んだことは、その場で活かされたり
そのずっと後で活かされたりします。
授業で先生から教えてもらったこと。
家で家族から教えてもらったこと。
友達に教えてもらったこと。
周りの人、物事に教えてもらったこと。 
教えてもらっている最中には、怒りや苛立ちだって抱いているかもしれません。納得いかないことも、涙を流すこともあります。舞い上がって、しっかり見えてないことだって。
でも時間が経って、あっ!そう言うことか。と気づかされたりします。
 
訳が分からないことをやってみる。
やっているうちに何かがきっと見えてくる。
いつか、自分の力になっている。
 
景品が貰えなくて、悔しくって泣いている子ども。
胸が痛いです。
ですが、その子どもは涙を乗り越え、一つ大きくなって帰ってきてくれます。
必死になってクイズに手を挙げ、外してもめげず、
ようやく正解して欲しかった景品を手にしたとき
本人は「どうだ!」と胸を張っています。
キラキラに輝いています。
その姿を、親御さんも嬉しそうにご覧になっています。
こちらも同じ。
 
大きくなるのは子どもだけでなく、大人も同じ。
絶えず成長し続ける。
それがきっと、自分の命を生きて、生かすこと。
 
だんだんと寒くなってきました。
2階の紙芝居小屋で 喜び、考え、また喜び、温まりにお越しください。
 
 
(いっきゅう)
TO TOP