イメージ

イメージ

「天元突破グレンラガン」
© GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KDE-J・テレビ東京・電通

イメージ

© GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KDE-J・テレビ東京・電通

特別展

ガイナックス流アニメ作法 ~人の群れがアニメを創る!~

この度、京都国際マンガミュージアムでは、秋の特別展として、「ガイナックス流アニメ作法 ~人の群れがアニメを創る!~」を開催致します。

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」「トップをねらえ!」「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」「フリクリ」「天元突破グレンラガン」等、数々の名作を生み出してきたガイナックスが、30年間に渡り築き上げてきたコンテンツビジネスのスキームを、正に公開する特別展です。

なお、本特別展は、毎年恒例のコンテンツ祭典「KYOTO CMEX2012」の当館メイン催事となります。

ぜひ、この秋はマンガミュージアムでアニメ製作の現場を体感して下さい。

期間 2012年9月22日(土・祝)~12月24日(月・祝)
◇午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
◇休館日:毎週水曜日(休祝日の場合翌日)、10月7日(日)
会場 京都国際マンガミュージアム 2階 
 <第1会場> ギャラリー1・2・3
 <第2会場> ギャラリー4
料金  <第1会場>

大人1,000円、中高生500円、小学生300円
※ミュージアム入場料を含みます
※11/2(金)は「関西文化の日」につき、ミュージアム入場料は無料のため、特別展観覧料(大人・中高生・小学生ともに200円)のみが必要です。

 <第2会場>

無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

展示内容

現代のアニメビジネスの潮流を生み出したと言っても過言ではないガイナックスが魅せるアニメ製作のダイナミズムを、企画が生まれる瞬間から、壮絶な制作の現場、そして、発表から巨大マーケットへ変貌を遂げるまでのコンテンツの成長過程を、実際の資料とデータで余す所なく展示します。

ビジネス書や教科書には決して描かれることのないリアルなアニメの現場を再現します。

基本的に、ひとつの作品が製作されていくプロセス順に展示演出します。 この特別展を通じて人と技と作品を支えるマネジメント力を感じて頂きます。

<第1会場>ギャラリー1・2

ガイナックスのアニメ制作の企画・製作委員会・シナリオ打合せ・キャラデザイン・作画・撮影・アフレコなどの一連作業を、ガイナックスが実際使用する机や原稿・資料と作業する人物の役割ごとに書割りで再現。そのリアルなアニメ制作現場を実感頂きます。

<第1会場>ギャラリー3

ガイナックスから生まれた作品を集めた「ファンの部屋」も出現。過去の作品のレア物資料、グッズなども必見です。

<第2会場>ギャラリー4 (無料ゾーン)

数あるガイナックス作品の中からセレクションされ映像作品もお楽しみ頂ける部屋となります。また、関連商品の展示・販売も同会場内にて予定。

関連イベント

オープニングイベント
トークセッション「~ガイナックス流アニメ作法を語る~」

◆ 当日のUstream中継映像をご覧いただけます。(対談・トークショーのみ)

http://www.ustream.tv/channel/kyotomm

第1部では、ガイナックスのプロデューサーである赤井孝美と当ミュージアム館長の養老孟司による対談、そして第2部では、30年間に及び話題作を発表し続けた、日本アニメ界の重鎮達が語る制作者としての 苦悩・クリエイターとしての拘りなど、まさに本音トークセッション。

王立宇宙軍 オネアミスの翼」の特別上映会も予定しています。

期間 2012年9月22日(土・祝)
第1部:午後1時~2時  (対談)
第2部:午後2時30分~5時30分 (トークショー、作品上映会)
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金

無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

出演 第1部   赤井孝美(ガイナックスプロデューサー)
養老孟司(京都国際マンガミュージアム館長)
第2部 山賀博之(ガイナックス代表取締役)
武田康廣(ガイナックス取締役)
アサオ ヨシノリ(ガイナックスプロデューサー)  他
定員 先着200名
参加方法 事前申込み不要
※当日午前10時からミュージアム館内にて整理券を配布

◆ KYOTO CMEX 2012 の連動事業「京都国際マンガ・アニメフェア」が開催されている みやこめっせ(岡崎会場)と急行運転で結ぶ臨時バス「岡崎ホコテン&京まふ」号が運行されます。
(9/22、23 運行)【運行経路・運行ダイヤはこちら】

「~まるごと「グレンラガン」デー~」

「天元突破グレンラガン」放送5周年記念としての秘蔵ドキュメンタリーや、劇場公開された作品の上映ほか、特別ゲストによるトークイベントも挟んで、グレンラガンをたっぷり楽しんでいただける一日です。

期間 2012年9月23日(日) 
午前11時~午後6時 7時 ※イベントのみの時間延長となります
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金

無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

内容 ヨーコ役の井上麻里奈さん・脚本家中島かずき氏が
スペシャルゲストに決定!

イメージ

午前11時~ 特別上映「ドキュメンタリーオブグレンラガン」上映
午後 1時~ 「劇場版天元突破グレンラガン紅蓮篇」上映
+スペシャルゲスト♯1 ゲスト 井上麻里奈(ヨーコ役)
午後 4時~ 「劇場版天元突破グレンラガン螺巌篇」上映
+スペシャルゲスト♯2 ゲスト 中島かずき(脚本家)
午後 7時 終了予定
定員 先着200名
参加方法 事前申込み不要
※当日午前10時からミュージアム館内にて整理券を配布

◆ KYOTO CMEX 2012 の連動事業「京都国際マンガ・アニメフェア」が開催されている みやこめっせ(岡崎会場)と急行運転で結ぶ臨時バス「岡崎ホコテン&京まふ」号が運行されます。
(9/22、23 運行)【運行経路・運行ダイヤはこちら】


緊急特別企画 ガイナックス・特撮とアニメの合体特別上映会!

© ヨナゴフィルム © BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX © 2003 GAINAX/TOP2委員会

緊急特別企画
ガイナックス・特撮とアニメの合体特別上映会!
+「ガイナックス流アニメ作法を語る!~ラストアンコールトークセッション」

「ネギマン 大特撮巨編 1~4話」と
「<劇場版>トップをねらえ!」、「<劇場版>トップをねらえ2!」が一挙に見られる一日です!

加えて、ファンの期待に応えて、山賀 博之氏、赤井 孝美氏、武田 康廣氏、アサオ ヨシノリ氏によるラストアンコールトークセッション開催が急遽決定!!

日時

2012年12月9日(日)    
午前11時~11時40分 ネギマン 大特撮巨編 1~4話
午後1時~午後4時15分 <劇場版>トップをねらえ! <劇場版>トップをねらえ2!

※途中休憩あり

午後4時15分(予定)~  ラストアンコールトークセッション

会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金

無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

定員 先着200名
参加方法 事前申込不要      
※当日午前10時からミュージアム館内にて整理券を配布

(情報掲載日: 2012/11/17)

ワークショップ

連動企画 えむえむワークショップ
ガイナックス流アニメ作法
キャラクター道場、押忍!!

マンガ・アニメを制作するにあたり、重要なポイントとなるキャラクター作り。

今回は、本特別展に連動して、ガイナックス流のキャラクター作りのノウハウを参考に、楽しく自分のオリジナルキャラクターを作成していただきます!完成作品は、ワークショップコーナーにて掲示いたします。もしかしたら、本特別展を手がけた関係者からコメントがもらえるかも?!

さあ、あなたも挑戦してみよう!

日時 2012年9月22日(土)~12月24日(月・祝)開催期間中の土・日曜、祝日のみ開催
午前11時~午後5時(受付は午後4時30分まで)
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 吹抜け
料金

無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

体験時間 約60分
定員 なし 
※座席数に限りがございますので、混雑時は少しお待ちいただくこともございます。
参加方法 先事前申込み不要、当日会場にて受付
対象 小学生以上

ガイナックスについて

ガイナックスの源流は、1981年「日本SF大会」を大阪で開催した学生集団から誕生した。現取締役の武田康廣が実行委員長をつとめ、山賀博之、庵野秀明、赤井孝美という今や時代の旗手ともいうべきクリエイター達が集い、ゼロから作り上げたオープニングアニメーションはそのクオリティの高さから伝説となり、その後もアマチュア映像制作集団として特撮などの実写作品にも挑戦。試行錯誤しながらガイナックス独自の「個性」を築いてゆく。初商業作品となった劇場用長編映画「王立宇宙軍 オネアミスの翼」制作時に「ガイナックス」を設立、本作では山賀監督の元、音楽に坂本龍一、キャラクターデザイン貞本義行など精鋭スタッフが集い、お子様向けアニメーションの業界に新風を吹き込んだ。。続く庵野監督オリジナルビデオアニメ「トップをねらえ!」やTVアニメシリーズ「ふしぎの海のナディア」でも多くのファンを魅了、代表作「新世紀エヴァンゲリオン」は、まさに文化的社会現象ともいえるブームのひとつにまで発展した。現在も、アニメーションを主体とした映像の企画・制作事業、デジタルメディアを網羅したソフト開発販売からイベント企画、実写作品などの新事業まで積極的に取り組んでいる。そこには脈々と、会社のために作品を作るのではなく、作品のためになにをすればいいかを考え、自分で道を切り拓いていく、力強いガイナックス魂が受け継がれている。

KYOTO CMEX(キョウト シーメックス/ KYOTO Cross Media Experience)
について

オール京都の産学公連携からなるKYOTO Cross Medea Experience 実行委員会が主催となり映画・映像、ゲーム、マンガ・アニメ等のコンテンツを クロスメディア展開して京都が持つコンテンツの魅力と可能性を国内外へ発信し、 コンテンツ産業の振興とこれらを支える人材育成を図るイベントを実施。 なお、本事業は、今年度、初開催の西日本最大規模のマンガ・アニメ総合見本市 「京都国際マンガ・アニメフェア」の連動事業としても位置付けられている。

当館はこのマンガ・アニメ部門の会場の1つとして参加。2010年は「マンガ・ミーツ・ルーヴル」、2011年は「赤塚不二夫マンガ大学展」、本年は当特別展を中核として関わっています。

※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。
-IMRC- 国際マンガ研究センター
»
このページをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452