イメージ

少女マンガの衣類の開発プロジェクト

少女マンガが教えてくれた可愛くなるための魔法=MaGiC

京都の新産業創出を図るべく、「少女マンガとファッション」をテーマに、2011年に「少女マンガ」からインスピレーションを得た衣類の制作を行うプロジェクト「Kyoto Manga Girls Collection」(略称:Kyoto MaGiC)の取り組みを行なっています。

2回目を迎える今回は、安野モヨコの魔法少女マンガ「シュガシュガルーン」をテーマとし、衣類を制作し、作品を披露するためのファッションショー及び展覧会を開催します。


内容(作品テーマ)

安野モヨコ「シュガシュガルーン」

シュガシュガルーン

© 安野モヨコ/講談社

シュガシュガルーン
© 安野モヨコ/講談社

少女マンガ誌からファッション誌、青年誌まで様々な媒体で執筆活動を行う安野モヨコ。彼女が描くファッションは、物語とキャラクターを作りこむために、リアルなファッションが追求されています。同時に、読者に夢と憧れを与える魅力とを併せ持つという意味でも革新的でした。

安野作品の中でも、魔法少女マンガ「シュガシュガルーン」は、マンガらしい夢のあるファッションが描かれる一方で、現実の衣服としても憧れる可愛さを持っています。今回は、企業と、一般公募の当選者が、この作品の衣服の再現、作品からインスピレーションを受けたオリジナル衣服を披露いたします。

「シュガシュガルーン」のファンタジックな「魔法」と「ラブ」のつまった物語世界をお楽しみください。


シュガシュガルーン×Pagong(パゴン)

きもの図案を用いて衣服やバッグなどを制作販売する、京都発ブランド「Pagong(パゴン)」。作中に登場のルームウェアからお出かけ着まで、伝統的な京友禅の生地を用いて制作します。キュートでヨーロピアンな「シュガシュガルーン」の世界が、「Pagong」と出会うことでどう変わるのか。京都ならではの粋な試みです。

http://www.pagong.jp/

シュガシュガルーン×Romance(ロマンス) 

ハイブランドも扱うセレクトショップであり、オリジナルの衣服やアクセサリーも販売する京都寺町の隠れ家的ショップ「Romance(ロマンス)」。エレガントとポップが絶妙に入り混じる「シュガシュガルーン」の世界観を、「Romance」なりに解釈!「乙女」をキーワードに掲げる「Romance」がどんな世界を作るのか。注目です。

http://blog.goo.ne.jp/romance0752315405/

一般公募 5点

デザイン画を募集し、選考を通過した5名が制作に着手し、ファッションショーで作品を披露します。ショーで優秀者が発表され賞金が授与されます。

"Kyoto MaGiC"のプロジェクト担当者がブログにて取り組みの「今」をお伝えします!

◆ えむえむブログ≪Kyoto MaGiC便り≫ ◆

Kyoto MaGiC 展覧会
ショコラとバニラのクローゼット

 

期間

2013年 3月20日(水・祝)~6月9日(日)     
◇午前10時~午後6時 (最終入館は午後5時30分)
◇休館日: 毎週水曜日、3月21日(木) 
※ただし3/20(水)、5/1(水)は除く
 

場所 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
料金

無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

定員 「Kyoto MaGiC」プロジェクトで制作された「シュガシュガルーン」の衣服と「シュガシュガルーン」連載当時の関連資料の展示。

プロフィール

安野モヨコ

1971年生まれ。マンガ家。1989年、高校在学中にデビュー。1995年、『FEEL YOUNG』に「ハッピー・マニア」が連載開始。テレビドラマ化もされ人気を博す。代表作に「ジェリーインザメリィゴーランド」、「花とみつばち」、「働きマン」等。テレビドラマ化、アニメ化された作品も多く、江戸の花魁が主人公の「さくらん」は2007年に実写映画化された。「シュガシュガルーン」は初めて子供向けに描かれた作品。作中に描かれるファションのセンスには常に注目が集まり、読者の絶大な支持を集めている。「美人画報」ではファッション、美へのあくなき探求がイラストエッセイで描かれ、女性読者の反響を呼ぶ。マンガだけではなくその美意識の高さにも注目が集まる希有な作家。

シュガシュガルーン

2003~2007年まで「なかよし」に掲載された魔法少女マンガ。魔界に住むショコラとバニラの親友ふたりが女王候補対決として人間界に降り立ち対決する。自分に好意を寄せる人間のハートを奪って数を競う恋愛模様や、作品に描かれるかわいい小物やファッションが話題となる。2005年にはアニメ化され、人気を博す。

イメージ

© 安野モヨコ/講談社

Pagong(パゴン)

大正時代から続く亀田富染工場の蔵に眠る膨大なきもの図案を用いて、アロハシャツ、カットソー、ワンピース、小物などを制作、販売する京都のブランド。古典的な和柄からアールヌーボーまで幅広い図案が現代の衣服に粋に蘇る。伝統的な京友禅の手法で、色の調整、染めの工程も自社工場で職人が行う。2002年に京都五条に直営店オープン。現在は京都に3店舗を構え、全国にファンを持つ。

http://www.pagong.jp/

Romance(ロマンス)

2005年にボーホースタイル(ボヘミアンなスタイルに洗練されたデザインをプラスしたもの)ショップとして京都寺町に開店。その後2011年にリニューアルオープンし、アクセサリーの扱いが始まる。ハイブランドの靴、服やオリジナルデザインの洋服、アクセサリーの制作と販売を行うセレクトショップ。「乙女」をキーワードにラグジュアリーかつポップな世界をつくり上げる乙女デパート。ウエディングドレスや舞台衣装などのオーダーメイドも行う。

http://blog.goo.ne.jp/romance0752315405/

Kyoto MaGiCプロジェクト第1回目<詳細はこちら>
Kyoto MaGiC展覧会「少女マンガとファッション―中原淳一と高橋真琴の世界」
Kyoto MaGiCファッションショー「少女たちの夢―中原淳一と高橋真琴の世界」 

Kyoto MaGiC ファッションショー
ショコラとバニラ - 魔法少女のワードローブ -

 

期間

2013年3月3日(日)  (2回のショーの公演内容は同じ、完全入替制)
第1回: 午後 1時~2時 (開場 午後 0時30分)
第2回: 午後 4時~5時 (開場 午後 3時30分)

場所 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金

無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

定員 各150名
参加
方法

往復はがき

事前申込制
※申込は終了しました。

郵便往復はがき(私製を除く)に、必要事項(下記参照)を記入のうえ申込。申込者多数の場合、抽選。
2013年 2月9日(土)〆切(必着)
返信発送予定日:2013年 2月15日(金)

必要事項

(往信表面)

〒604-0846
京都市中京区烏丸通御池上ル 
京都国際マンガミュージアム「Kyoto MaGiC」係

(往信裏面)

「Kyoto MaGiC」係とし、
①郵便番号②住所③申込者④電話番号⑤参加者全員氏名(1枚につき2名まで申込可)⑥参加希望の回(a.1回目、b.2回目、c.どちらでも良い)

(返信表面)

①返信先の郵便番号と住所②申込者 
※裏面は白紙のまま

※スケジュール・出演者・内容などについては変更の可能性があります。予めご了承ください。

-IMRC- 国際マンガ研究センター
»
このページをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452