TVアニメ
彼女と彼女の猫 -Everything Flows-展


©Makoto Shinkai/CWF・彼女と彼女の猫EF製作委員会


©Makoto Shinkai/CWF・彼女と彼女の猫EF製作委員会

ライデンフィルム京都スタジオ(本社:東京都)が制作し、監督は『涼宮ハルヒの憂鬱』や『氷菓』などを手掛けた坂本一也氏が担当、今年3月から放送をスタートしたTVアニメ「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」で実際に使用された原画や資料、アフレコの現場などで使用された映像などを集めた展示を開催します。  

今回は、アニメの制作の裏側を紹介するだけでなく、マンガと共通する「線」の描画に注目した資料展示を行います。マンガとの共通性を発見する良い機会になる展示ですので、是非お楽しみ下さい。

期間 2016年4月9日(土)~6月19日(日)
◇開館時間:午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分)
◇休館日:毎週水曜日(ただし、5/4は開館)
会場 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
内容

「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」の制作で実際に使用された以下の資料を展示

  • 設定資料 、背景画 ・動画(原画や中割も含む)
  • 線撮(アフレコ時に声優が声を当てる映像)
  • 制作スタッフインタビュー      
  • 猫をキーワードにしたマンガ特集コーナー など

関連イベント

トークイベント「カノ猫EFができるまで」

本作品の指揮をとった坂本一也監督をお招きし、制作へのこだわりや京都 でアニメを制作する理由などをお伺いするトークショーを開催します。

日時 2016年5月3日(火・祝)午後2時~4時
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
出演者

坂本一也(さかもと かずや)(株式会社ライデンフィルム)

1980年生まれ。岡山出身。「涼宮ハルヒの憂鬱」で演出デビュー。以降、「氷菓」「テラフォーマーズ」等、様々な作品で演出、作画監督として 携わる。現在はライデンフィルム京都スタジオを拠点に活動。同室長も兼任する。今作が初監督作品となる。
料金 無料  ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員 200名(先着順)
参加方法 事前申込不要 ※当日午前 10 時より、ミュージアム館内にて整理券を配布


©Makoto Shinkai/CWF・彼女と彼女の猫EF製作委員会


©Makoto Shinkai/CWF・彼女と彼女の猫EF製作委員会


※スケジュール・出演者・内容などについては変更の可能性があります。予めご了承ください。

»
このページをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452