© 萩尾望都/河出書房新社

京都国際マンガミュージアム エントランス展示

萩尾望都 原画展

~『銀の船と青い海』出版記念 ~

この度、京都国際マンガミュージアムでは、「ポーの一族」や「トーマの心臓」など読者に鮮烈な印象を与える作品を次々と発表し、少女マンガの枠を広げたマンガ家・萩尾望都氏の童話集『銀の船と青い海』(河出文庫)の出版を記念した原画展を開催いたします。

本展は東京・スパンアートギャラリーにて開催した原画展の一部を巡回するものですが、当館での開催に当たっての追加公開作品もあります。全て直筆で描かれた美しい原画の世界を、心ゆくまでご堪能ください。

日時 2015年6月18日(木)~7月14日(火)
◇開館時間:午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分)
◇休館日:毎週水曜日
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 エントランス
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

内容

萩尾望都作品の原画26点を展示。

童話集『銀の船と青い海』に収録されたイラストを中心に原画合計26点を展示。本会場で新たに追加される画は、『トーマの心臓』のワンシーンより、8点の原画となります。

その他

当館ミュージアムショップにて、河出書房新社刊行の萩尾望都関連書籍のほか、複製原画、Tシャツ、トートバッグ、クリアファイルなどの本展オリジナルグッズを販売。


額装付き複製原画「思い出の音がする」
本体 22,000円+税


額装付き複製原画 「目覚める者よ」
本体 22,000円+税


額装付き複製原画 「セレナーデ」
本体 22,000円+税



Tシャツ 「トーマの心臓」 <グレー>
本体 3,600円 +税


Tシャツ 「ポーの一族」 <青>
本体 3,600円+税



Tシャツ「ポーの一族」 <ピンク>
本体 3,600円+税


Tシャツ「ポーの一族」 <紺>  
本体 3,700円+税



トートバッグ「トーマの心臓」
本体 1,850円+税

クリアファイル2種セット 「ポーの一族」「フレア・スター・ペティコート」
本体 830円 +税



萩尾 望都(はぎお もと)について

1949年、福岡県生まれ。1972年より連載が始まった『ポーの一族』は、少女漫画界の歴史を変える作品として現在も語り継がれる名作。以後、SFやファンタジーなどを巧みに取り入れた壮大な作風で唯一無二の世界観を表現。あらゆる方面から圧倒的なリスペクトを受けている。『ポーの一族』『11人いる!』で第21回小学館漫画賞(1976年)、『残酷な神が支配する』で第1回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞(1997年)、『バルバラ異界』で第27回日本SF大賞(2006年)、紫綬褒章(2012年)など受賞多数。 

※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。
-IMRC- 国際マンガ研究センター
»
このページをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452