阪神高速道路に設置されていた道路案内標識(実物展示)


京都市の大正2年製/現行のマンホール鉄蓋(実物展示)

どぼく+マンガ展

本展は、マンガ・アニメの世界を「土木」の視点から読み直すとともに、土木そのものの魅力も知ってもらう企画展です。

SFマンガ・アニメに登場する巨大建造物実現を想定して作られた設計図や模型、マンガの背景にさりげなく描かれた土木を専門家が解説したパネルなどを展示。合わせて、高速道路に実際に使用されていた道路案内標識や道路標識、京都市の大正2年製マンホールなど、貴重な資料もご覧いただけます。

期間中、マンガミュージアムカフェでは、ドボクをテーマにした特別メニューも登場!

マンガ・アニメを通じて、土木のスゴイ世界をのぞいてみませんか?

期間 2016年3月3日(木)~5月10日(火)
◇開館時間:午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分)
◇休館日:毎週水曜日(ただし、5月4日は開館)
会場 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー6
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

内容

  • 土木をテーマにした「ドボジョ!」(松本小夢/講談社コミックプラス)や「最強伝説 黒沢」(福本伸行/小学館)などのマンガ本・関連書籍約15点
    ※ 書籍は手にとってお読みいただけます(一部除く)
  • マンガに登場する空想建築を現在の土木技術で設計した事例の紹介パネルなど9点

    例:

    1. 「マジンガーZ」より格納庫図面および模型
    2. 「機動戦士ガンダム」よりジャブロー基地,アッガイドーム模型
    3. 「宇宙戦艦ヤマト 2199」よりヤマト建造用ドック図面
    4. 京都を拠点に活動している劇団「ヨーロッパ企画」による映像『前田建設ファンタジー営業部』の"特別期間限定"上映

    など

  • 「ゴルゴ 13」(さいとう・たかを/小学館)の背景に現れる土木的題材を土木エンジニアにより解説したパネル 12点
  • 高速道路に実際に使用されていた道路案内標識や道路標識、京都市の大正2年製マンホールなどの実物展示 など


© 2012宇宙戦艦ヤマト
2199製作委員会


展示パネルイメージ
© 2012宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会/前田建設工業


「前田建設ファンタジー営業部」
© 前田建設工業株式会社
ファンタジー営業部


関連イベント

トークイベント「どぼくカフェ」

『工場萌え』『団地の見究』『ジャンクション』などの写真集の著者で,土木ブームの火付け役である大山顕(おおやま・けん)氏と土木学会関西支部代表幹事の高橋良和(たかはし・よしかず)氏を迎え,土木とマンガの意外な関係について語っていただきます。

日時 2016年4月10日(日) 午後2時~4時
場所 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
出演者 大山 顕(フォトグラファー、ライター)
高橋 良和(京都大学准教授。土木学会関西支部代表幹事)
料金 無料  ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員 100名(先着順)
参加方法 事前申込不要
※当日午前10時より、ミュージアム館内にて整理券を配布

その他

また、併設するミュージアムカフェ「えむえむ」において、土木を題材にした特別メニューを提供します。


ヘルメット オムハヤシ ¥1,000


工事中!セメントプリン ¥400


砂利ジャリ ココア ¥400


※スケジュール・出演者・内容などについては変更の可能性があります。予めご了承ください。

-IMRC- 国際マンガ研究センター
»
このページをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452