『Mei(冥)』2号刊行記念

怪談トークショー 京都で視えるんです。


Mei(2号)表紙 特集:トーベ・ヤンソン

書店の女性向けマンガ雑誌コーナーには、『HONKOWA』、『あなたが体験した怖い話』、『ちゃおDXホラー』など、「怪談」や「ミステリー」に特化した雑誌が数多くあります。こうした中、2012年には、新たに女子向けの怪談雑誌『Mei(冥)』が創刊されました。

この度、京都国際マンガミュージアムでは、『Mei(冥)』2号の刊行を記念し、視える作家として人気の立原透耶氏、本誌監修者でアンソロジスト(評論家)の東雅夫氏、本誌編集長の岸本亜紀氏の3名をお迎えしたトークショーを開催します。

とっておきの怪談話を出演者に披露していただく予定ですので、是非ご参加ください。

※出演者に変更がございます。下記をご確認ください。
(4/9掲載)

期間 2013年4月29日(月・祝) 午後2時30分~4時30分
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
出演

立原 透耶(作家)
東 雅夫(アンソロジスト/文芸評論家、『Mei(冥)』監修者)
岸本 亜紀(『Mei(冥)』編集長)
伊藤 三巳華(マンガ家)

※伊藤三巳華先生のご出演は、ご本人のご都合により、キャンセルとなりました。
イベント自体は、開催いたしますので、ぜひ、皆様お誘い合わせの上、お越しください。

内容 『Mei(冥)』刊行にあたっての経緯、自らの心霊体験を実話怪談集として刊行され ている立原透耶氏の制作裏話のほか、前日にめぐった京都異界ツアーについてな ど、出演者それぞれが持っている怪談話も披露してもらう予定です。
定員 200名(先着順)
参加方法

事前申込み不要

※当日午前10時から京都国際マンガミュージアム館内にて整理券を配布

Mei(冥)

怪談専門誌『幽』の妹雑誌として登場。『幽』のスピリットを踏襲しつつ、もう少し気軽に、身近に怪談的な世界を読者に愉しんでもらうべく、平成24年10月に創刊。コンセプトは、「異界への旅の入口」となる雑誌。対象読者は20~40代の女性である。異界をテーマに、小説からマンガ、お菓子のレシピまで内容は多岐にわたり、執筆陣には、伊藤三巳華のほか、山岸凉子、今日マチ子、波津彬子、近藤ようこなど豪華メンバーが寄稿。表紙イラスト&装丁は、祖父江慎が担当している。


©冨永智子

立原 透耶(たちはら・とうや)

2月8日、大阪府で生まれ奈良県で育つ。1991年『夢売りのたまご』でコバルト読者大賞を 受賞しデビュー。ライトノベルを中心に活躍する一方でホラー小説や漫画の原作も手がける。 現在、某大学にて中国語などの教鞭を執る。主な作品に長編ホラー『ささやき』のほか、『小 説  封神演義』『闇の皇子』『彷徨い人の詩  聞け、魂の祈りを』『竜と宙』など多数。「ひ とり百物語」シリーズは、日々怪談的現象に遭遇する「視える」著者が書き下ろす怪談実話集 として人気で、『ひとり百物語』(文庫版)、『ひとり百物語  怪談実話集  夢の中の少女』 『ひとり百物語 怪談実話集 闇より深い闇』『ひとり百物語 怪談実話集 悪夢の連鎖』の4冊 刊行されている。

東 雅夫(ひがし まさお)

昭和33年、神奈川県生まれ。元『幻想文学』編集長で、現在はアンソロジスト、文芸評論家として活動を続けている。平成16年に『幽』編集長に就任。著書に『妖怪伝説奇聞』『クトゥルー神話事典・第三版』『ホラー小説時評』『百物語の怪談史』など、編著に『文豪怪談傑作選』『日本怪奇小説傑作集』『てのひら怪談』『伝奇ノ匣』『響鬼探究』「怪談えほん」シリーズほか多数。

※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。
-IMRC- 国際マンガ研究センター
»
このページをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452