フランス人コミックス作家によるトークショー

レジス・ロワゼル×エマニュエル・ルパージュ
~フランス・コミックスの世界

※参加予定のレジス・ロワゼル氏は、ご本人の都合により来日できなくなりました。
(2012年10月25日)

※11日(日)開催のトークショー後、エマニュエル・ルパージュ氏によるサイン会開催決定!!
(2012年11月8日)

この度、京都国際マンガミュージアムでは、アンスティチュ・フランセ関西で開催される原画展の関連イベントとして、バンドデシネ(フランス語圏のコミックスの総称、以下BDとも表記)作家、レジス・ロワゼルとエマニュエル・ルパージュの2名を迎えてトークショーを開催します。

美しい絵で話題作を提供し続ける現代フランス・コミックス界の巨匠である彼らが、自身の作品や制作方法について、また現在日本で翻訳出版の進むバンドデシネについて、その特徴や広がり、フランスや世界におけるバンドデシネについて語ります。

『La Quete de l'oiseau du temps integrale cycle principal 1』© DARGAUD 2011, by Le Tendre, Loisel

『MUCHACHO INTEGRALE』© DUPUIS 2004-2006, by Lepage

日時 2012年11月11日(日)  午後2時~4時
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
出演者 レジス・ロワゼル(BD作家)
エマニュエル・ルパージュ(BD作家)
内容 日本ですでに翻訳されたルパージュ氏の作品『ムチャチョ』(飛鳥新社)と、翻訳出版予定のロワゼル氏の作品『時の鳥を求めて(仮)』。それぞれ異なる世界観を持つこの2つの作品について、作家ご自身に語っていただきます。
※フランス語の逐次日本語訳あり
定員 200名(先着順)
参加方法 事前申込み不要
※当日午前10時から京都国際マンガミュージアム館内にて整理券を配布
主催 アンスティチュ・フランセ関西
京都国際マンガミュージアム
京都精華大学国際マンガ研究センター
協力 ユーロマンガ
海外マンガフェスタ

エマニュエル・ルパージュ氏によるサイン会

日時 2012年11月11日(日)午後4時15分~5時45分
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
参加方法 事前申込不要(先着30名)
※当日、当館ミュージアムショップにて、「ムチャチョ‐ある少年の革命」(飛鳥新社)を購入いただいた方先着30名に整理券を配布。整理券は、お1人様1枚までとさせていただきます。

レジス・ロワゼル 

1951年フランス生まれ。BD作家・イラストレーター。J.M.バリーの「ピーターパン」を全く新しくそして自由に解釈し仕上げたリメイク作品で不動の地位を確立し、「La que^te de l'oiseau du temps(時の鳥の探求)」シリーズでヒーロー・ファンタジー作品の第一人者となりました。ディズニーのアニメ映画『アトランティス 失われた帝国』の製作や『リトル・トム』の絵コンテ担当をはじめ、他のBD作家とのコラボレーションなどにも意欲的に取り組んでいます。2002年にはアングレーム国際BDフェスティバルでグランプリを受賞。新作の「Grand mort(崇高な死)」シリーズでは彼独特の世界観が展開され、全くイノセントに見える世界が次第にその真の姿を明らかにしていく様子が描かれ注目を集めています。


『La Quete de l'oiseau du temps integrale cycle principal 1』(DARGAUD)
© DARGAUD 2011, by Le Tendre、 Loisel

エマニュエル・ルパージュ

1966年フランス生まれ。BD作家。6歳のときに「タンタン ソビエトへ」を読んで以来、エマニュエル・ルパージュはBDへの情熱を持ち続けています。彼を魅了するのは、民衆、キャラクター、そして人生です。もっとも、逆説的なことにですがイラストレーターとしての彼への高い評価は、むしろ美しく詩的ですらある風景画に与えられています。「La terre sans mal(苦痛のない大地)」や「ムチャチョ ある少年の革命」といった彼の代表作では、壮大な風景画が堪能できます。作品のクオリティーを高めるために彼が追求するリアリズムは、ミシェル・ジュベールとの出会いによって触発されたのもので、「ひとつの倫理、規律、全ての瞬間、そしてまなざし」を重視する立場とされています。


『MUCHACHO INTEGRALE』(DUPUIS)
© DUPUIS 2004-2006, by Lepage

※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。

レジス・ロアゼル×エマニュエル・ルパージュ作品展

バンドデシネ『ムチャチョ』(エマニュエル・ルパージュ作)と『時の鳥を求めて(仮)』(レジス・ロアゼル作)の作品をアンスティチュ・フランセ関西にて展示されます。

◆オープニングレセプション(作家来場):11月10日(土)、午後6時

日時

2012年11月1日(木)~14日(水)※祝日は休館

午前10時~午後7時(火~土曜)         
午前10時~午後3時(日曜)

会場

〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8
アンスティチュ・フランセ関西 3Fサロン

料金 入場無料
-IMRC- 国際マンガ研究センター
»
このページをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452