イメージ

メジエール×クリスタンの世界――フランスSFマンガの想像力

京都精華大学と京都国際マンガミュージアムの呼びかけにより、映画『スター・ウォーズ』にも影響を与えた長寿SFコミックス「ヴァレリアンとロールリーヌ」シリーズの作者で、フランス・コミックス=バンド・デシネ(BD)界の巨匠である、ジャン=クロード・メジエールとピエール・クリスタン両氏の招聘が実現しました。

日本のトップクリエーターたちとのトークショーや、彼らの作品を紹介する展覧会など、SFマンガ/BDが持つ想像力のひろがりを感じていただけるプログラムとなっています。

この貴重な機会をお見逃しなきよう、ぜひご参加ください。

◆このプロジェクトの協賛者で、「ヴァレリアン」シリーズを発行しているフランスの大手コミックス出版社「ダルゴー」のウェブサイトで、過日行われたイベントが大きく報告されています。
<こちら>

企画展
ヴァレリアン――パリから京都へ 
40年にわたる宇宙の旅 展

メジエール&クリスタンの代表作にして、SFコミックスの金字塔「ヴァレリアンとロールリーヌ」シリーズの世界を、20点以上の複製原画で堪能していただく展覧会。

期間

2010年3月27日(土)~6月20日(日)
※ご好評につき会期延長しました!

◇開館時間 :午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
◇休館日 :毎週水曜日(休祝日の場合翌日)、6/7(月)~10(木)

※3/31(水)は春休み期間のため開館
※5/5(水)は開館、翌5/6(木)休館

会場 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

イメージ

イメージ

企画展
日仏SFマンガの世界――想像力の彼方 展

フランスでも注目を集めている日本のSFマンガと、近年注目を集めているフランスのSFコミックスを、約30点の複製原画や掲載誌、手にとって読める書籍などで紹介する展覧会。

期間

2010年3月27日(土)~6月27日(日)
※ご好評につき会期延長しました!

◇開館時間 :午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
◇休館日 :毎週水曜日(休祝日の場合翌日)、6/7(月)~10(木)

※3/31(水)は春休み期間のため開館
※5/5(水)は開館、翌5/6(木)休館

会場 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー6
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です

※「日仏SFマンガの世界」展につきましては、会期延長後、出展作品が変更する可能性がございます。ご了承ください。

>> 「日仏SFマンガの世界」展 紹介作品リストはこちらから御覧いただけます

イメージ

トークショー
日仏SFマンガサミットPart1 
谷口ジロー×メジエール×クリスタン

イメージ

メジエール&クリスタンと、フランスでも作品を発表し、海外で最も有名なマンガ家と言われている谷口ジローが、SFの可能性について語り合う。

出演者 ジャン=クロード・メジエール(BD作家)
ピエール・クリスタン(BD原作者)
谷口ジロー(マンガ家)
司会 原正人(BD研究者)
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
日時 2010年5月3日(月・祝) 午後1時30分~3時30分
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員 200名
申込方法 事前申込不要。
当日午前10時から会場前にて整理券を配布。
定員になり次第締め切りとさせていただきます。

トークショー
日仏SFマンガサミットPart2 
安彦良和×モルヴァン

イメージ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のマンガ家・安彦良和と、藤原カムイら日本人作家とも組んでいる今フランスで最も人気のあるBD原作者のひとりジャン=ダヴィッド・モルヴァンによるトークショー。

出演者 ジャン=ダヴィッド・モルヴァン(BD原作者)
安彦良和(マンガ家)
司会 原正人(BD研究者)
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
日時 2010年5月4日(火・祝) 午後1時30分~3時30分
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員 200名
申込方法 事前申込不要。
当日午前10時から会場前にて整理券を配布。
定員になり次第締め切りとさせていただきます。

講演会
フランス・コミックスの巨匠が語る
SFバンド・デシネの世界

メジエール&クリスタンを、SF作品を多く手がけるマンガ家にして、京都精華大学教授でもある板橋しゅうほうが迎え、フランスSFマンガの魅力について語る。

出演者 ジャン=クロード・メジエール(BD作家[フランス])
ピエール・クリスタン(BD原作者[フランス])
司会 板橋しゅうほう(マンガ家・京都精華大学マンガ学部教授)
会場 京都精華大学 http://www.kyoto-seika.ac.jp/
※会場がマンガミュージアムではありません
日時 2010年5月7日(金) 午後4時30分~6時30分
料金 無料

映画上映会
ジャン=クロード・メジエールと観る
『フィフス・エレメント』

リュック・ベッソン監督『フィフス・エレメント』の美術設定を担当したジャン=クロード・メジエール本人が映画の美術シーンの興味深いアイデアやエピソードを語る。また映画のために描かれたメジエールによるスケッチも公開する。

会場 関西日仏学館 http://www.ifjk.jp
※会場がマンガミュージアムではありません
日時 2010年5月8日(土) 午後4時~6時
料金 無料

公開講座
映像的想像力(ビジュアルイマジネーション)の愉悦
3人のクリエイターに聞く 
手塚眞×メジエール×クリスタン

メジエール&クリスタンと、独特の世界観で海外にもその名が知られるヴィジュアリストの手塚眞が、横浜・馬車道にて、SF、映画、マンガなど広くアーバンポップカルチャーについて論じる。

出演者 ジャン=クロード・メジエール(BD作家[フランス])
ピエール・クリスタン(BD原作者[フランス])
手塚眞(ヴィジュアリスト)
司会 原正人(BD研究者)
会場 ヨコハマ創造都市センター(YCC) http://www.yaf.or.jp/ycc
※会場がマンガミュージアムではありません
日時 2010年5月10日(月) 午後5時~7時
料金 無料
主催 横浜創造都市スクール(北仲スクール)

主催など

主催 京都精華大学
京都国際マンガミュージアム
共催

横浜創造都市スクール(北仲スクール)
助成 文部科学省「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」
協賛

在日フランス大使館

DARGAUD

IKOKU
特別協力

関西日仏学館

東京日仏学院

区切り

【関連展示】
日本を代表するクリエイターイラストとヴァレリアンのイラストが3Dに!

戦後の日本のSFを牽引してきた早川書房。同社から発行されているSF専門誌『S-Fマガジン』刊行50周年を記念して、そうそうたるクリエーター25名が、日本を代表するSF作品にインスパイアされ描き下ろしたイラストを収録したアートブック『Sync Future』。

このたび、早川書房と共にこの本を企画・発行したルーセント・ピクチャーズエンタテインメント株式会社の全面協力で、この『Sync Future』から、村田蓮爾、磯光雄、森本晃司ほか表紙デザインの加藤久仁生を加えた26名のイラストを3D処理し、大型モニターで展示しています!

さらに、当館で作品を展示中のフランスSFの金字塔「ヴァレリアンとロールリーヌ」から2作品も3D化!

今話題の次世代型TVで、アーティスティックに描かれた世界をご堪能下さい。

◇展示期間: 2010年4月29日(木・祝)~5月11日(火)

『Sync Future』の詳しい情報はこちら→http://www.lpei.co.jp/sync_future/
(マンガミュージアムショップでは関連商品も販売しています)

協力:ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント株式会社

区切り

ジャン=クロード・メジエール

1938年パリ郊外のサン=マンデ生まれ。71歳を迎えた現在でもBD作家として現役で活躍中。代表作「ヴァレリアンとロールリーヌ」は2007年に第20巻が出版され、単行本としては未刊行だった第1話「ヴァレリアンの悪夢」を収めた第0巻や短編集を含めて、22巻が刊行されている。1984年にはその業績が評価され第11回アングレーム国際バンド・デシネ・フェスティバルでグランプリを授与される。1997年にはリュック・ベッソン監督の映画『フィフス・エレメント』の美術設定に協力。2010年はじめには「ヴァレリアンとロールリーヌ」はシリーズ最終第21巻が刊行され、40年以上続いたシリーズに幕が降りる予定である。

ピエール・クリスタン

1938年パリ郊外のサン=マンデ生まれ。BD原作者。代表作はメジエールと組んだ「ヴァレリアンとロールリーヌ」。メジエールだけでなく、ジャック・タルディ、フランソワ・ブックといった著名な作家とも仕事をともにし、とりわけ、エンキ・ビラルと組んで作った「Les Phalanges de l'Ordre noir」と「狩猟」(Partie de chasse)は政治的な主題を扱ったBDの古典として、現在も高く評価されている。また、ビラルの最初の映画『バンカー・パレス・ホテル』では、ビラルとともに脚本を担当しており、BD原作、小説、映画の脚本と、その才能を遺憾なく発揮している。

谷口ジロー

1947年、鳥取生まれ。71年「嗄れた部屋」でマンガ家デビュー。75年「遠い声」でビッグコミック賞(新人賞)入選。92年「犬を飼う」で第37回小学館漫画賞審査員特別賞を受賞。98年、手塚治虫文化賞、99年と01年文化庁メディア芸術祭優秀賞など受賞。「『坊っちゃん』の時代」、「イカル」(原作:メビウス)、「神々の山麓」など多彩なジャンルの作品を手がけ、海外での評価も高い。またフランスのジュエリー・高級時計ブランド、カルティエの2007‐08年の広告を複数の画家とともに担当。

ジャン=ダヴィッド・モルヴァン

1969年フランス、ランス生まれ。フランスで最も人気あるBDシナリオライターのひとり。日本を舞台としたサムライファンタジーアクション「SPIROU et FANTASIO」や、寺田亨と組んだ「LE PETIT MONDE」、谷口ジローと組んだ「Mon Annee」、藤原カムイと組んだ「LOVE SYNC DREAM」など日本人作家と組んだ作品も多数。

区切り
-IMRC- 国際マンガ研究センター

Address交通アクセス

■〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) TEL:075-254-7414(代) FAX:075-254-7424

■カーナビ入力住所:〒604-0846 京都市中京区金吹町 452